岸本 由豆流   (1789-1864)

岸本 由豆流(きしもと ゆずる、寛政元年(1789年) - 弘化3年閏5月17日(1846年7月10日))は、江戸時代後期の国学者。 やまぶき園、尚古考証園と号した。 [人物] 寛政元年(1789年)、伊勢国朝田村において生まれる。 朝田某の子という。 後に、幕府弓弦師・岸本讃岐の養子となり、岸本大隅と称した。 国学者・村田春海の門に入り、国学を学ぶ。 早くに家業の弓弦師を長男に譲って退隠し、考証・著作に専念したという。 著書に『万葉集考証』『土佐日記考証』『後撰集標注』などがある。 蔵書が3万巻に及んだという典籍の収集家でもあった。 晩年は、浅草聖天町に住み、狩谷エキ斎、市野迷庵、村田了阿...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キシモト ユズル
人物別名 岸本由豆流
生年 1789年
没年 1864年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
古典籍索引叢書 : 宮内庁書陵部蔵『類標』 梅田 径【監修・解題・解説】 ゆまに書房
2017.12.25
万葉集古註釈集成 万葉集古註釈集成編集委員会 編 日本図書センター
1991.10
万葉集古註釈集成 万葉集古註釈集成編集委員会 編 日本図書センター
1991.10
万葉集古註釈集成 万葉集古註釈集成編集委員会 編 日本図書センター
1991.10
万葉集古註釈集成 万葉集古註釈集成編集委員会 編 日本図書センター
1991.10
万葉集古註釈集成 万葉集古註釈集成編集委員会 編 日本図書センター
1991.10
万葉集古註釈集成 万葉集古註釈集成編集委員会 編 日本図書センター
1991.10
万葉集古註釈集成 万葉集古註釈集成編集委員会 編 日本図書センター
1991.10
万葉集古註釈集成 万葉集古註釈集成編集委員会 編 日本図書センター
1991.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想