木村 正辞   (1827-1913)

千葉成田生まれ。国学者、国文学者。江戸に出て伊能頴則に国学、寺門静軒等に漢学を学ぶ。文久3年(1863)に和学講談所会頭助役になる。維新後、神祇官、文部省、宮内省の諸官となり、帝国大学文科大学、高等師範学校の教授にも就任した。明治23年(1890)学士院会員。26年(1893)に公職を辞す。以後、万葉集の研究につとめ、34年(1901)文学博士。蔵書家で中国で散逸した書籍を収集し、現在その一部は東洋文庫に架蔵されている。

「近代日本人の肖像」より

木村 正辞(きむら まさこと、1827年5月1日(文政10年4月6日) - 1913年(大正2年)4月11日)は、国学者、国文学者。 下総国成田村生まれ。 はじめ清宮荘之助。 号を欟斎。 伊能穎則に国学、岡本保孝に音韻学を学び、和学講談所、水戸藩駒込文庫に出仕する。 維新後は官吏を務め、帝国大学文科大学教授。 『万葉集』を主として研究し、珍書の蔵書でも知られる。 1890年東京学士会院会員、後に帝国学士院会員。 [著書] 日本略史 文部省 1875.4 日本史要 東京師範学校 1878.11 国史案 文部省 1877-79 賜暇遊覧 博聞社 1888.7 欟斎雑攷 博聞社 1888.12 万...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キムラ マサコト
人物別名 木村正辞

木村, 正辭

木村, 荘之助

埴満

荘之助
生年 1827年
没年 1913年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
語彙 木村正辞, 横山由清 編著 大空社
1997.9
異体字研究資料集成 杉本 つとむ【編】 雄山閣出版
1995.12.5
万葉集美夫君志 木村正辞 撰 勉誠社
1984.7
万葉集訓義弁証 木村正辞 著 勉誠社
1982.2
万葉集文字弁証 木村正辞 著 勉誠社
1982.2
万葉集字音弁証 木村正辞 著 勉誠社
1982.2
萬葉山常百首講義索引 - 書写者不明
1945[写]
國歌大觀 : 歌集 木村正辭, 井上賴囶, 本居豐穎, 落合直文, 小杉榲邨 監修 ; 松下大三郎, 渡邊文雄 編纂 中文館書店
1942.10
國歌大觀 : 索引 木村正辭, 井上賴囶, 本居豐穎, 落合直文, 小杉榲邨 監修 ; 松下大三郎, 渡邊文雄 編纂 中文館書店
1942.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
語彙書類 木村 正辞
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想