河竹 黙阿弥   (1816-1893)

東京生まれ。狂言作者。商家に生まれ、天保6年(1835)五代目鶴屋南北に入門、14年(1843)に立作者となり二代目河竹新七を襲名した。幕末の歌舞伎俳優四代目市川小団次のために安政元年(1854)の『忍ぶの惣太』を初め多くの生世話狂言を書く。明治維新後も九代目市川団十郎や五代目尾上菊五郎に活歴物や散切物を提供した。明治14年(1881)引退を表明し黙阿弥と名乗ったが、その後も作者活動を続け、生涯に約360編の作品を残した。

「近代日本人の肖像」より

河竹 黙阿弥(かわたけ もくあみ、旧字体:默阿彌、文化13年2月3日(1816年3月1日) - 明治26年(1893年)1月22日は、江戸時代幕末から明治にかけて活躍した歌舞伎狂言作者。 本名は吉村 芳三郎(よしむら よしさぶろう)。 俳名に其水(そすい)。 別名に古河 黙阿弥(ふるかわ-)。 江戸日本橋生まれ。 [来歴] 江戸・日本橋の裕福な商家吉村勘兵衛の二男に生まれたが、若い頃から読本、芝居の台本、川柳や狂歌の創作にふけるようになり、14歳で道楽が過ぎて親から勘当されてしまう。 貸本屋の手代となって生計をたてるようになるが、仕事はそっちのけで朝から晩まで読書三昧の日々を送る。 これが将...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワタケ モクアミ
人物別名 河竹黙阿弥

古河, 黙阿弥

黙阿弥

河竹, 黙阿彌

吉村, 芳三郎

吉村, 新七

河竹, 新七

其水
生年 1816年
没年 1893年
職業・経歴等 芸術家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
新累女千種花嫁 [河竹其水案 ; 勝言彦, 竹柴琴咲綴 ; 國貞画] ; 国立劇場調査養成部編集 日本芸術文化振興会
2020.1
三人吉三廓初買 [河竹黙阿弥作] ; 今尾哲也校注 新潮社
2020.3
東駅いろは日記 [河竹新七案 ; 柳屋梅彦綴 ; 歌川国貞画] ; 国立劇場調査養成部編 日本芸術文化振興会
2019.3
小袖曽我薊色縫 [河竹新七案] ; [柳水亭種清綴] ; [歌川国貞画] ; 国立劇場調査養成部編 日本芸術文化振興会
2018.3
増補忠臣蔵 : 本蔵下屋敷 : 一幕二場. 梅雨小袖昔八丈 : 髪結新三 : 三幕六場 河竹黙阿弥 作 ; 尾上菊五郎 監修 国立劇場
2018.3
連獅子 : 長唄囃子連中 河竹黙阿弥作 日本芸術文化振興会
2018.6
名高大岡越前裁 : 通し狂言 河竹黙阿弥作 ; 国立劇場文芸研究会補綴 国立劇場
2018.11
知らざあ言って聞かせやしょう 河竹黙阿弥, 並木五瓶 作詞 ; 千原英喜 作曲 全音楽譜出版社
2017.1
江戸桜清水清玄 [河竹新七] [作] ; 国立劇場調査養成部 編 日本芸術文化振興会
2017.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想