河村 文鳳   (1779-1821)

河村 文鳳(かわむら ぶんぽう、安永8年(1779年) - 文政4年(1821年))は、江戸時代後期の岸派の絵師。 名は亀。 字を駿声、俊声、五游。 号に馬声、有毛、首陽館、竹裏館、白竜堂など。 山城国(現・京都府)出身。 優れた人物画や山水画で知られた。 [略歴] 岸駒に絵を学び、寛政8年(1797年)の東山新書画展観への出品が確認されており、岸駒の弟子の中でも古参格と考えられる。 のちには各派の絵を学んで独自の画風を確立し、歌川国芳など後代の浮世絵師等にも大きな影響を与えた。 俳句にも秀でており上田秋成、与謝蕪村等と交遊し、俳画も好んで描いた。 生前は有力絵師の一人でだったようで、一時は...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワムラ ブンポウ
人物別名 河村文鳳


馬声

俊声

五游

有毛
生年 1779年
没年 1821年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
海道狂歌合 上田秋成 [著] ; 渡辺南岳, 河村文鳳 [画] ; 鷲山樹心 編 和泉書院
1981.2
文鳳山水遺稿 文鳳 [画] 文徴堂
文政4 [1821] 序
金波園画譜 河村文鳳 [画] 菱屋孫兵衛
文政3 [1820]
文鳳畫譜 : 3編3冊 河村文鳳 [畫] 吉田新兵衛
柳原喜兵衛
文化4 [1807]
海道狂歌合 2巻 鶉居翁 [作] ; 南岳, 文鳳画 者不明
文化9 [1812] 序
南岳文鳳街道雙畫 南岳, 文鳳画 吉田屋新兵衛
河内屋喜兵衛
文化8 [1811]
南岳文鳳街道雙畫 南岳, 文鳳画 吉田屋新兵衛
河内屋喜兵衛
文化8 [1811]
海道狂歌合 2巻 鶉居翁 [作] ; 南岳, 文鳳画 吉田屋新兵衛
河内屋喜兵衛
文化8 [1811]
海道狂歌合 2巻 鶉居翁 [作] ; 南岳, 文鳳画 吉田屋新兵衛
河内屋喜兵衛
文化8 [1811]
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想