狩野 山楽   (1559-1635)

狩野 山楽(かのう さんらく、永禄2年(1559年) - 寛永12年8月19日(1635年9月30日)は、安土桃山時代~江戸時代初期の狩野派の絵師。 狩野山雪は養子。 [経歴] 浅井長政の家臣・木村永光の子光頼として近江国蒲生郡に生まれる。 母は伝承では益田氏。 のちの林鵞峰は「佐々木氏の末裔か」と記している。 父・永光は余技として狩野元信に絵を習っていた。 浅井氏が織田信長によって滅ぼされてからは豊臣秀吉に仕え、秀吉の命により狩野永徳の養子となり狩野姓を名乗る。 山楽はこの時、武士の身分を捨てることを躊躇し多くの役職を務めたという。 天正年間には、安土城障壁画や正親町院御所障壁画(現南禅寺...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カノウ サンラク
人物別名 狩野山楽

木村

光頼
生年 1559年
没年 1635年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
狩野山楽・山雪 : 特別展覧会 京都国立博物館, 毎日新聞社編 毎日新聞社
2013.3
狩野山楽・山雪 狩野山楽・山雪 [画] ; 京都国立博物館, 毎日新聞社 編 毎日新聞社
2013.3
百椿図 = One hundred camellias 根津美術館学芸部 編 根津美術館
2012.1
南蛮美術の光と影 : 泰西王侯騎馬図屏風の謎 サントリー美術館, 神戸市立博物館, 日本経済新聞社 編 日本経済新聞社
2011
初春の花--日本画名作展 細野正信, 松浦あき子編集 読売新聞社
c1995
新編名宝日本の美術 [海北友松, 狩野山楽画] ; 川本桂子著 小学館
1991.7
金碧の花 : 重要文化財・妙心寺天球院襖絵展 サントリー美術館編 サントリー美術館
1991
狩野派の名宝 : 400年の歴史を一堂に : 特別展 - 鳥取県立博物館資料刊行会
[1987]
狩野派の絵画 : 特別展 東京国立博物館 [編] 東京国立博物館
1979.10
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想