井上 正鉄   (1790-1849)

井上 正鉄(井上 正鐵、いのうえ まさかね、寛政2年8月4日(1790年9月12日) - 嘉永2年2月18日(1849年3月12日))は幕末の国学者、神道家。 [経歴] 1790年 - 上野国館林藩士安藤真鉄(あんどうまかね)の子として出生。 母方の縁者の養子に入り井上姓となる。 1840年 - 足立郡の梅田神明宮の神職となり、江戸で独自の神道を唱える。 1842年 - 江戸幕府の滅亡を予言する言動を理由に三宅島に流される。 1849年 - 三宅島で没す。 明治維新後、門人の坂田安治らによってその思想が纏められ『禊教』となる。 [備考] 独自の呼吸法で大音声を発することができたといわれる。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イノウエ マサカネ
人物別名 井上正鉄

喜三郎
生年 1790年
没年 1849年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
禊教教典井上正鉄神御文書 禊教教典研究所 編 禊教本院
1982.1
みちうた : 井上正鉄神みちうた集 井上正鉄 著 みそぎ文化会
1978.9
神道唯一問答書 : 口語 井上正鉄 著 ; 禊教教典編纂所 訳・編 みそぎ文化会
1972.6
神道唯一問答書 : 井上正鐵神御文 禊教教典編纂所訳・編 みそぎ文化会
1972.4
唯一問答書 2巻書繼1巻 正鐡 [撰] 信鐵
明治44 [1911]
玉の緒 井上正鉄 著 ; 坂田安治 編 禊教本院
明29,32
玉の緒 井上正鉄 著 ; 坂田安治 編 禊教本院
明29,32
唯一神道問答書合巻 井上正鉄 著 ; 加藤直鉄 編 加藤直鉄
明31.4
神道唯一問答書合巻 正鉄 著 ; 加藤直鉄 編 井上正鉄
1898
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想