藤原 定家   (1162-1241)

藤原 定家(ふじわら の さだいえ)は、鎌倉時代初期の公家・歌人。 諱は「ていか」と音読みされることが多い。 小倉百人一首の撰者で権中納言定家を称する。 [経歴] 藤原北家御子左流で藤原俊成の二男。 最終官位は正二位権中納言。 京極殿または京極中納言と呼ばれた。 法名は明静(みょうじょう)。 歌人の寂蓮は従兄、太政大臣の西園寺公経は義弟にあたる。 平安時代末期から鎌倉時代初期という激動期を生き、御子左家の歌道における支配的地位を確立し、日本の代表的な歌道の宗匠として永く仰がれてきた歴史がある。 2つの勅撰集、『新古今和歌集』、『新勅撰和歌集』を撰進。 ほかにも秀歌撰に『定家八代抄』がある。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フジワラ サダイエ
人物別名 藤原定家
生年 1162年
没年 1241年
職業・経歴等 公家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
藤原定家全歌集 藤原定家 著 ; 久保田淳 校訂・訳 筑摩書房
2017.8
藤原定家全歌集 藤原定家 著 ; 久保田淳 校訂・訳 筑摩書房
2017.8
冷泉家時雨亭叢書 冷泉家時雨亭文庫 編 朝日新聞出版
朝日新聞社
2016.6
定家筆古記録 [藤原定家] [筆] 八木書店
天理大学出版部
2015.8
明月記 [藤原定家] [著] 八木書店
天理大学出版部
2015.12
冷泉家時雨亭叢書 冷泉家時雨亭文庫 編 朝日新聞出版
朝日新聞社
2014.11
冷泉家時雨亭叢書 冷泉家時雨亭文庫 編 朝日新聞出版
朝日新聞社
2012.1
藤原定家(ふじわらていか) 藤原定家 作 ; 村尾誠一 著 笠間書院
2011.2
百人一首 バラエティ・アートワークス 漫画 イースト・プレス
2011.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想