富士谷 成章   (1738-1779)

富士谷 成章(ふじたに なりあきら、元文3年(1738年) - 安永8年10月2日(1779年11月9日))は、江戸時代中期の国学者。 皆川成慶(春洞)の次男で、儒者皆川淇園の弟。 柳河藩京都留守居富士谷家の養子となる。 通称は専(千)右衛門。 字は仲達。 号は咸章、北辺。 生まれは京都。 子に富士谷御杖がいる。 [人物] 漢学を兄の皆川淇園に、和歌を有栖川宮職仁親王に学んだ。 国語学者として国語の時代区分・品詞分類などに功績を残し、特に和歌の変遷を示した著書「六運略図」「北辺七体七百首」は、成章の死後、国学者本居宣長に賞賛された。 また、語学書「挿頭抄(かざししょう)」(副詞の研究書)「脚...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フジタニ ナリアキラ
人物別名 富士谷成章

富士谷, 北辺

仲達

層城

北辺
生年 1738年
没年 1779年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
南留別志 ; 可成三註 ; 非南留別志 ; 南留別志の弁 ; あるまじ ; ざるべし ; 北窓瑣談 ; 酣中清話 荻生徂徠著 ; 篠崎東海 [ほか]著 ; 富士谷成章著 ; 伊勢貞丈著 ; 谷真潮著 ; 橘春暉著 ; 小島知足著 NetLibrary
2009
浪華百事談 ; 異本洞房語園 ; 洞房語園後集 ; 洞房語園異本考異 ; 筆のすさび ; おほうみのはら 庄司勝富著 ; 庄司勝富著 ; 石原徒流著 ; 橘泰著 ; 富士谷成章著 NetLibrary
2009
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
2007.10
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
2007.10
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
1995.1
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
1995.6
白菊奇談・非なるべし 富士谷成章 著 ; 竹岡正夫 編・解説 勉誠社
1983.2
稿本あゆひ抄 富士谷成章 著 勉誠社
1978.9
あゆひ抄 富士谷成章 著 勉誠社
1977.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想