堀 直格   (1806-1880)

堀 直格(ほり なおただ)は、信濃国須坂藩の第11代藩主である。 直重系堀家11代。 文化3年11月14日(1806年12月23日)、第9代藩主・直皓の三男として生まれる。 文政4年(1821年)、長兄で第10代藩主の直興が死去したため養子となって家督を相続する。 呉服橋門番、駿府加番を勤めた。 弘化2年(1845年)に家督を長男・直武に譲って隠居した。 明治維新後は奥田姓に改姓した。 明治13年(1880年)8月13日に死去した。 享年75。 文人大名として知られ、著作として『扶桑名画伝』などがある。 1821年 - 1845年 11 なおたた 1806年生 1880年没

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ホリ ナオタダ
人物別名 堀直格

花廼屋

葛の屋

奥田, 直格
生年 1806年
没年 1880年
職業・経歴等 譜代大名

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
扶桑名畫傳 堀直格編著 ; 黒川眞頼 [ほか] 校閲 名著普及会
1979.10
遊女のたゝち 堀直格 著 風俗絵巻図画刊行会
大正12
扶桑名画伝 奥田直格 編 ; 黒川真頼 等校 哲学書院
明治32
扶桑名画伝 奥田直格 編 ; 黒川真頼 等校 哲学書院
明治32
扶桑名画伝 奥田直格 編 ; 黒川真頼 等校 哲学書院
明治32
扶桑名画伝 奥田直格 編 ; 黒川真頼 等校 哲学書院
明治32
扶桑名画伝 奥田直格 編 ; 黒川真頼 等校 哲学書院
明治32
扶桑名画伝 奥田直格 編 ; 黒川真頼 等校 哲学書院
明治32
扶桑名画伝 奥田直格 編 ; 黒川真頼 等校 哲学書院
明治32
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想