広瀬 淡窓   (1782-1856)

広瀬 淡窓(ひろせ たんそう、天明2年4月11日(1782年5月22日) - 安政3年11月1日(1856年11月28日))は、江戸時代の儒学者で、教育者、漢詩人でもあった。 豊後国日田の人。 淡窓は号。 通称は寅之助のちに求馬(よみはモトメ)。 諱は建。 字は廉卿あるいは子基。 別号に青渓など。 死後、弟子たちにより文玄先生とおくり名されたという。 末弟に広瀬旭荘、弟広瀬久兵衛の子孫に、日田市長、衆議院議員だった広瀬正雄、その子息の一人広瀬勝貞は現大分県知事。 [経歴] 豊後国日田郡豆田町魚町の博多屋三郎右衛門の長男として生まれる。 少年の頃より聡明で、淡窓が10歳の時、久留米の浪人で日田...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒロセ タンソウ
人物別名 広瀬淡窓

広, 建

廣瀬, 淡窓


子基

淡窓
生年 1782年
没年 1856年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「論語」叢書 関 儀一郎【編】;荻生 徂徠;豊嶋 豊洲【著】 大空社
2015.7
「論語」叢書 関 儀一郎【編】;皆川 淇園;吉田 篁〓【著】 大空社
2013.1
「論語」叢書 関儀一郎編 大空社
2013.12
廣瀬淡窓資料集 : 書簡集成 廣瀬淡窓 著 大分県教育委員会
2012.3
「論語」叢書 関儀一郎編 大空社
2012.5
「論語」叢書 関 儀一郎【編】;伊藤 仁斎;佐藤 一斎【著】 大空社
2011.10
廣瀬淡窓日記 廣瀬淡窓 著 ; 井上源吾 訳注 弦書房
2005.9
廣瀬淡窓日記 廣瀬淡窓 著 ; 井上源吾 訳注 弦書房
2005.9
廣瀬淡窓日記 廣瀬淡窓 著 ; 井上源吾 訳注 弦書房
2005.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想