広瀬 旭荘   (1807-1863)

広瀬 旭荘(ひろせ ぎょくそう、文化4年5月17日(1807年6月22日) - 文久3年8月17日(1863年9月29日))は江戸時代後期の儒学者・漢詩人。 [人物] 通称謙吉、名は謙、字を吉甫、号は初め秋村、後に旭荘、梅墩(ばいとん)。 豊後国日田郡豆田町(大分県日田市)の博多屋広瀬三郎右衛門(桃秋)の八男に生まれた。 末弟で、兄に広瀬淡窓、広瀬久兵衛(この子孫の一人が知事の広瀬勝貞)らがいる。 子に広瀬林外。 旭荘は記憶力が抜群に良く、師亀井昭陽に「活字典」といわれた。 また交遊を好み、各地に多く旅をした。 勤王の志士との交わりも知られ、蘭学者も多くその門を訪れている。 詩作にすぐれ、詩...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒロセ キョクソウ
人物別名 広瀬旭荘

広瀬, 旭莊



吉甫

謙吉

旭荘
生年 1807年
没年 1863年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
廣瀬旭荘と池田・大坂 池田市立歴史民俗資料館編集 池田市立歴史民俗資料館
2012.10
廣瀬旭荘全集 廣瀬旭荘 著 ; 廣瀬旭荘全集編集委員會 編 思文閣
2010.11
広瀬旭莊の津山紀行 [広瀬旭莊著] ; 卜部忠治, 今岡堅一共訳 津山市教育委員会
2002.3
百四十五年前のわが町わが村 : 広瀬旭莊の山陰紀行 広瀬旭莊 著 ; 卜部忠治, 今岡堅一 共訳 出雲市教育委員会
1999.3
新日本古典文学大系 佐竹昭広 ほか編 岩波書店
1997.2
広瀬旭荘全集 広瀬旭荘全集編集委員会 編 思文閣
1994.6
江戸詩人選集 日野龍夫, 徳田武, 揖斐高 編纂 岩波書店
1991.12
広瀬旭荘全集 広瀬旭荘全集編集委員会 編 思文閣
1988.1
広瀬旭荘全集 広瀬旭荘全集編集委員会 編 思文閣
1986.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想