土井 利位   (1789-1848)

土井 利位(どい としつら)は、下総古河藩の第4代藩主。 土井家宗家11代。 江戸幕府の老中首座。 雪の結晶の研究を行い「雪の殿様」の異名で知られる。 [生涯] 寛政元年(1789年)5月22日、三河刈谷藩主土井利徳の四男として生まれる。 本家の古河藩主土井利厚の実子が早世していたため、文化10年(1813年)にその養子に迎えられた。 文政5年(1822年)に養父が死去したため、家督を継いだ。 奏者番・寺社奉行を歴任して大坂城代となるが、利位が大坂城代のときに大塩平八郎の乱が起こってその鎮圧を担当した。 その功績により、京都所司代に抜擢され、天保10年(1839年)に老中に任命された。 藩政...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ドイ トシツラ
人物別名 土井利位
生年 1789年
没年 1848年
職業・経歴等 地球科学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
雪華図説新考 土井利位 [著]. 雪華図説新考 / 小林禎作 著 築地書館
1982.1
日本科学古典全書 三枝博音 編 朝日新聞社
1978.2
雪華図説・続雪華図説 土井利位 著 築地書館
1968
續雪花圖説 土井利位 [著] 書写者不明
[書写年不明]
續雪華圖説 土井利位 [著] 愛日軒
天保11 [1840] 2
雪華圖説 土井利位著 者不明
1833-1840
雪華圖説 源利位述 愛日軒
天保3 [1832]
雪華圖説 土井利位 [著] ; 翠藍桂国寧 [校訂] 祥苑書屋
天保3 [1832]
雪華圖説 土井利位 [著] ; 翠藍桂国寧 [撰] 愛日軒
天保3 [1832]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想