梅亭 金鵞   (1821-1893)

梅亭 金鵞(ばいてい きんが、文政4年3月30日(1821年5月2日) - 明治26年(1893年)6月30日)は、幕末から明治中期の作家・編集者。 滑稽本・人情本・啓蒙書・諷刺小説などを書いた。 本名は瓜生政和(まさやす)、通称は熊三郎。 筆名に橋爪錦造もあった。 [生涯] 吉田勝之丞の次男として、江戸両国薬研堀(現・中央区東日本橋二丁目)に生まれた。 柳剛流の父に剣を習い、1836年(天保7年)から伊勢に3年武者修行して腕を磨き、江戸の若手剣客の雄と言われたが、1845年(弘化2年)、本郷附木店(現・本郷五丁目)の瓜生家の養子に入った。 1848年(嘉永元年)(27歳)頃、人情本の松亭金...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ バイテイ キンガ
人物別名 梅亭金鵞

吾妻, 雄兎子

瓜生, 政和

政和

熊三郎

東男一丁

梅亭, 蕩人

瓜生

和田, 定節
生年 1821年
没年 1893年
職業・経歴等 雑誌編集者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
膝栗毛文芸集成 中村正明 編集・解題 ゆまに書房
2014.6
西哲叢談 瓜生政和 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2005.9
真情春雨衣 吾妻雄兎子 編 太平書屋
1984.4
妙竹林話七偏人 梅亭金鵞 作 ; 興津要 校注 講談社
1983.2
春情花の朧夜 [吾妻男一丁作] ; 岡田甫編 貴重文献保存会
1955
真情春雨衣 梅亭金鵞 著 ; 岡田甫 編 貴重文献保存会
1953
真情春雨衣 筧栄一 訳 紫書房
1952
閨中膝磨毛 吾妻男一丁著 ; 藤井純逍校訂編述 芳榮書房
1952.9
真情春雨衣 吾妻雄兎子 戯編 古典社
昭和3.9
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想