廣松 渉   (1933-1994)

廣松 渉(ひろまつ わたる、男性、1933年8月11日 - 1994年5月22日)は、日本の哲学者、東京大学名誉教授。 福岡県柳川市蒲池出身。 出生地は山口県厚狭郡山陽町(現在の山陽小野田市)。 東京大学文学部哲学科卒。 同大学院博士課程修了。 筆名は門松暁鐘など。 妻の妹は加藤尚武夫人。 [略歴] 廣松渉の政治思想には共産党員であった母の影響が強いと言われる。 1946年、中学1年生の時に日本青年共産同盟に加盟。 1949年4月、高校進学と同時に日本共産党に入党する。 1950年の50年分裂では国際派に所属し、 1951年に国際派の「全国統一会議」が解散した後は、党に戻らず全日本学生自治会...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒロマツ ワタル
人物別名 廣松渉

広松, 渉

Hiromatsu, Wataru

Hiromatu, Wataru
生年 1933年
没年 1994年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ヘーゲル・セレクション G.W.F.ヘーゲル 著 ; 廣松渉, 加藤尚武 編訳 平凡社
2017.2
世界の共同主観的存在構造 廣松渉 著 岩波書店
2017.11
役割理論の再構築のために 廣松渉 著 岩波書店
2010.2
廣松渉マルクスと哲学を語る 廣松渉 著 ; 小林昌人 編 河合出版
河合文化教育研究所
2010.4
資本論の哲学 廣松渉 著 平凡社
2010.9
廣松渉哲学論集 廣松渉 著 ; 熊野純彦 編 平凡社
2009.9
マルクス主義の理路 廣松渉 著 勁草書房
2009.5
青年マルクス論 廣松渉 著 平凡社
2008.11
認識の分析 エルンスト・マッハ 著 ; 廣松渉 編訳 法政大学出版局
2008.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想