加田 哲二   (1895-1964)

加田 哲二(かだ てつじ、1895年(明治28年)11月26日 - 1964年(昭和39年)4月24日)は、大正・昭和時代の植民政策学者、言論人、社会学者、東亜協同体論者、経済学博士。 慶應義塾大学経済学部名誉教授、昭和研究会委員、大日本言論報国会理事。 本名は忠臣(ちゅうしん)。 [経歴] 東京府に生まれる。 京華中学を卒業後、1919年(大正8年)3月、慶應義塾大学理財科を卒業。 同年、同大学経済学部に奉職する。 生粋の江戸っ子でもっぱら和服で通した。 経済学及び社会学の研究のために、イギリス、ドイツ、フランス、アメリカヘ3年の予定で留学。 実際には2年4ヵ月の間、ベルリンで過ごしイギリ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カダ テツジ
人物別名 加田哲二

Kada, Tetsuji

Tetsuji Kada
生年 1895年
没年 1964年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
住宅問題 エンゲルス 著 ; 加田哲二 訳 一穂社
2005.10
神代秘史ウヱツフミの價值 ; 開運九星と運命學 ; 戯畫 : 岡村正己君追悼の爲に ; 鯨を追って ; 社會問題 ; 皇民自覺敬[天]愛人運動 ; 抗日讀本 : 支那民族革命讀本譯本 ; 皇道の哲理 ; 獄中記 ; 大日本言靈學より見たる仁科博士の宇宙線と原子核 ; 皇國信仰の根本原理 ; 銃後の叫び ; 神通交靈法 ; 刺客に襲はれ蔣介石國外へ亡命す ; 商權擁護の旗の下に : 産組の不當進出と中小商人の危機 ; 蔣政權は年内に没落か ; 式辭挨拶弔辭演説集 ; 支那共産黨史 小保内樺之介 [著] ; 岡本榮龍 [著] ; 寺尾薫治編 ; 米窪満亮 [著] ; 加田哲二 [著] ; 山田圭一郎 [著] ; 吉[川]永三郎 [訳] ; 中島章順 [著] ; 伊東ハンニ [著] ; 朝倉尚絅 [著] ; 佐藤定吉 [著] ; 林喜一 [著] ; 長谷川泰道 [著] ; 武田金次郎 [著] ; 川口黎民 [著] ; 田中秀雄 [著] ; 山口愛川 [著] ; 大塚令三 [著] Library of Congress Photoduplication Service
1977
福沢諭吉 : 近代文明の先駆者 加田哲二 著 ; 武部本一郎 絵 岩崎書店
昭和41
社会経済思想史 加田哲二 著 慶応通信
1964
社会学・社会政策学 加田哲二, 高須裕三共著 桜門書房
1963.5
ものの見かた 加田哲二 著 慶応通信
1962
日本社会経済思想史 加田哲二 著 慶応通信
1962
民社党の進路について 西村栄一, 加田哲二 対談 ; 東京政治研究所 編 社会思潮社
1962.3
新生アジアの全貌 加田哲二編著 日本海新聞社
1961.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想