矢野 恒太   (1865-1951)

矢野恒太(やのつねた、慶応元年12月2日(1866年1月18日) - 昭和26年(1951年)9月23日)は明治期から大正期に生命保険業界の基礎を築いた実業家。 第一生命保険創業者。 医師。 日本アクチュアリー会初代代表。 「相互会社の産みの親」と呼ばれ、「蒼梧」と号した。 [来歴] 備前国上道郡角山村(現岡山市東区)で生まれる。 第三高等中学校医科(後の岡山医専、現・岡山大学)を卒業後、1890年に日本生命に診査医として就職する。 しかし、1892年に経営陣との対立から退社し、安田生命(現・明治安田生命保険)の前身である共済生命保険の設立に関わり、その後、支配役となる。 1897年に退社し...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤノ ツネタ
人物別名 矢野恒太

Yano, Tsuneta

矢野, 蒼梧

蒼梧

蒼梧幹主人
生年 1865年
没年 1951年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
蒼梧翁遺墨集 矢野恒太 著 ; 矢野恒太記念会 編 矢野恒太記念会
1965
乗除表 : 一名三桁の九々 三位三位 矢野恒太 編 矢野恒太記念会
1954
金利精覧 矢野恒太 著 矢野恒太記念会
1953 27版
国民数表 矢野恒太 著 国勢社
1952
日本國勢圖會 矢野恒太, 白崎享一 共編 国勢社
1943.6
蒼梧矢野恒太君保険関係五十年記念文集 矢野恒太君保險關係五十年記念會編纂 矢野恒太君保険関係五十年記念会
昭和16
日本国勢図会 矢野恒太, 白崎享一 編 国勢社
昭12至15
日本国勢図会 矢野恒太, 白崎享一 編 国勢社
昭12至15
生命保険国営論批判 矢野恒太 著 白崎享一
昭和12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
保険金融に就て 矢野 恒太
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想