川口 浩   (1905-1984)

川口浩(かわぐち ひろし、1905年1月29日 - 1984年8月18日)は、日本のドイツ文学者、文芸理論家、中央大学名誉教授。 神奈川県横浜市生まれ。 本名・山口忠幸。 浦和高等学校(旧制)卒、1929年東京帝国大学文学部独文科卒。 在学中から左翼文学運動に携わり、林房雄、中野重治、久板栄二郎らとマルクス主義芸術研究会を作る。 27年、蔵原惟人、林らと労農芸術家連盟を脱退、前衛芸術家同盟の結成に参画。 その後はナップの線に沿って活動した。 非公然活動をしていた蔵原惟人の論文に名義貸しをしたこともある。 戦後は中央大学教授、1975年定年退任。 [著書] 『プロレタリア文学概論』白揚社 19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワグチ ヒロシ
人物別名 川口浩

山口, 忠幸
生年 1905年
没年 1984年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近代用語の辞典集成 [山田清三郎, 川口浩編] 大空社
1996.2
ドキュメント昭和五十年史 川口浩編 汐文社
1974
講座文学・芸術の基礎理論 川口浩, 山村房次, 佐藤静夫著 汐文社
1974
文学運動の中に生きて : わが青春の回想 川口浩 著 中央大学出版部
1971
プロレタリア文學集 前田河廣一郎[ほか]著 講談社
1969.1
ローザ・ルクセンブルクの手紙 : カールおよびルイーゼ・カウツキー宛 1896-1918 ローザ・ルクセンブルク 著 ; ルイーゼ・カウツキー 編 ; 川口浩, 松井圭子 訳 岩波書店
1963
政治における人間性 グレーアム・ウォーラス 著 ; 石上良平, 川口浩 共訳 創文社
1958
マルクス=エンゲルス芸術論 川口浩 編訳 青木書店
1953
文学・芸術論 マルクス, エンゲルス 共著 ; 川口浩 訳 思索社
1950
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想