植松 奎二   (1947-)

植松 奎二(うえまつ けいじ、1947年-)は兵庫県神戸市生まれの芸術家。 兵庫県立御影高等学校、神戸大学教育学部美術科卒業。 1969年京都での最初の個展を皮切りに、日本では大阪、ドイツではデュッセルドルフに居住しながら、1988年にはベニスビエンナーレ日本代表に選出されるなど国際的な活躍を続けている。 70年代の観念的な作品群から、近年とみに増えた国内外における野外彫刻の設置にいたるまで旺盛な創作活動に一貫するものは、木、石、布、金属といった素材を時として、多彩に配置し、空間の異化を生み出すことで人間の知覚の背後に潜む普遍的な力-重力や磁場-を作品を通して確認させようとする試みである。 2...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウエマツ ケイジ
人物別名 植松奎二
生年 1947年
没年 -
職業・経歴等 彫刻家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
松本宏作品集1948-2013 松本宏 [ほか] 執筆 松本滿
2016.6
光田由里×植松奎二×若江漢字 : スペシャルトークイベントより - ユミコチバアソシエイツ
2013.9
Seeing : 6人の作家による写真表現 東京パブリッシングハウス編集・デザイン 富士ゼロックス
2010.11
植松奎二展 : 螺旋の気配から - ノマル
[2007]
時間の庭へ・植松奎二展 : museum collection + new works 植松奎二 作 西宮市大谷記念美術館
c2006
植松奎二展 : 連続の場-軸 - INAX
1997.9
クイントエッセンス 北九州市立美術館編 北九州市立美術館
1994.11
Works on paper by Sculptors 西武百貨店編集 西武百貨店
c1991
3人の選んだ3つのアートワーク : '89海と島の博覧会・ひろしませとだ会場 : せとだ Biennale - '89海と島の博覧会瀬戸田町実行委員会
[1989]
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想