林 秀剛   (1936-)

林 秀剛(はやし、ひでたけ 1936年 - )は日本の生態学者。 [人物] 1936年生まれ。 NPO法人信州ツキノワグマ研究会・元代表、東京都立大学大学院修士課程修了。 理学博士。 東京都立大学助手、信州大学講師・助教授を経て、2002年、信州大学(理学部教授)退職。 専門は、湖沼生態系における生物相互作用系の解析。 1995 年、山岳域のツキノワグマの追跡調査に関与し、信州ツキノワグマ研究会を立ち上げる。 水源の森の問題として、ツキノワグマの研究および対策にかかわる。 主な著書は、『川と湖と生き物―多様性と相互作用―』(共編著、信濃毎日新聞社、1992)、『Lake Kizaki Lim...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハヤシ ヒデタケ
人物別名 林秀剛
生年 1936年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
山に学ぶ山と生きる 信州大学山岳科学総合研究所 編 信濃毎日新聞社
2003.5
川と湖と生き物 : 多様性と相互作用 林秀剛 ほか編著 信濃毎日新聞社
1992.9
垂直分布にともなう生物の生理、生態学的研究 信州大学理学部生物学科編集 信州大学理学部生物学科
1985.5
Lake Kizaki : limnology and ecology of a Japanese lake edited by Y. Saijo and H. Hayashi Backhuys
2001
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想