岩沢 愿彦   (1921-)

岩沢 愿彦(いわさわ よしひこ、1921年 - )は、日本の歴史学者、東京大学史料編纂所名誉教授。 [略歴] 國學院大學史学科卒。 1948年東京大学史料編纂所勤務、62年助手、70年助教授、73年教授、82年定年退官、名誉教授、日本大学文理学部教授。 神奈川県川崎市に居住した。 高柳光壽、桑田忠親、奥野高廣らと共に、昭和初期に活躍した國學院大學系の歴史学者である。 特に奥野高廣と共同校注した『信長公記』(角川文庫・1969年)は現在でも広く利用されている。 また織田信長、豊臣秀吉期の史料研究を展開し、「山城・近江における豊臣氏の蔵入地について」「石田三成の近江佐和山領有」「本能寺の変拾遺-...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イワサワ ヨシヒコ
人物別名 岩沢愿彦

岩澤, 愿彦
生年 1921年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
系図纂要 岩澤愿彦 監修 名著
1999.2
系図纂要 岩澤愿彦 監修 名著
1998.2
系図纂要 岩澤愿彦 監修 名著
1998.6
系図纂要 岩澤愿彦 監修 名著
1998.10
系図纂要 岩沢愿彦 監修 名著
1997.5
系図纂要 岩澤愿彦 監修 名著
1997.6
系図纂要 岩澤愿彦 監修 名著
1997.8
系図纂要 岩澤愿彦 監修 名著
1997.12
系図纂要 岩澤愿彦 監修 名著
1997.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想