大森 光彦   (1892-1954)

大森光彦(おおもりみつひこ、1892年(明治25年)6月13日 - 1954年(昭和29年)5月19日)は、日本の陶芸家。 長野県上伊那郡朝日村(現辰野町)出身。 愛知県立瀬戸窯業学校卒業。 長野県庁に勤務する傍ら善光寺焼を手伝う。 上京し川崎市で働いた後、1924年(大正13年)東京府中野町に東野窯を開き陶磁器制作に専念し、松屋銀座や日本橋白木屋で個展を開く。 1933年からは日本美術協会の審査員。 その後東京工芸学校の講師を務め、興亜院、大東亜省、文部省の委嘱で中国大陸に渡った。 真紅の鶏血釉や青磁に傾倒した。 弟子に辻輝子などがいる。 [著書] 「陶磁器及上絵楽焼の釉薬と絵具の調合法-...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオモリ ミツヒコ
人物別名 大森光彦
生年 1892年
没年 1954年
職業・経歴等 陶芸家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
陶磁工芸の鑑賞 大森光彦 述 成好堂
昭和6
陶窯巡り 大森光彦 著 太陽堂書店
昭和5
趣味の陶芸 大森光彦 著 誠文堂
昭和4
粘土細工と其楽焼の仕方 大森光彦 著 図画手工社
大正14
陶磁器及上絵楽焼の釉薬と絵具の調合法 : 実地応用 大森光彦 著 泉秀堂
大正14
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想