司馬 江漢   (1747-1818)

司馬 江漢(しば こうかん、延享4年(1747年) - 文政元年10月21日(1818年11月19日))は、江戸時代の絵師、蘭学者。 浮世絵師の鈴木春重(すずき はるしげ)は同一人物。 本名は安藤峻。 俗称は勝三郎、後に孫太夫。 字は君嶽、君岡、司馬氏を称した。 また、春波楼、桃言、無言道人、西洋道人と号す。 [略歴] 司馬江漢は延享4年(1747年)江戸の町家に生まれた。 江漢が長く住んだのは、芝新銭座(現在の港区東新橋2丁目)である。 司馬江漢の性は、芝新銭座に因むものである。 生まれつき自負心が強く、好奇心旺盛な彼は絵を好み、一芸を持って身を立て、後世に名を残そうと考えていた。 宝暦1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シバ コウカン
人物別名 司馬江漢

司馬, 無言

Shiba, Kōkan

Siba, Kokan

Siba, Koukan

司馬, 峻

司馬, 俊

勝川, 春重

鈴木, 春重

春波楼
生年 1747年
没年 1818年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
西遊旅譚 : 司馬江漢、長崎への旅 司馬江漢 [著] ; 高林鮎太編 講談社エディトリアル
2020.3
いぬ・犬・イヌ : 人間の最も忠実なる友・人間の最も古くからの友 渋谷区立松濤美術館編 渋谷区立松濤美術館
c2015
Shunga Karuizawa New Art Museum 編 Karuizawa New Art Museum
2012.11
春波楼筆記 ; 柳亭記 司馬江漢[著] ; 柳亭種彦[著] NetLibrary
2009
梅園叢書 ; 野乃舎随筆 ; おもひくさ ; 閑窓瑣談 ; 還魂紙料 ; 擁書漫筆 ; 西洋画談 三浦安貞[著] ; 大石千引[著] ; 本居宣長[著] ; 佐々木貞高[著] ; 柳亭種彦[著] ; 小山田与清[著] ; 司馬江漢[著] NetLibrary
2009
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
2007.10
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
2007.10
亜欧堂田善の時代 府中市美術館 編 府中市美術館
2006.3
日本科學技術古典籍資料 浅見恵, 安田健 訳編 科学書院
霞ケ関出版
2005.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想