伴 信友   (1773-1846)

伴 信友(ばん のぶとも、1773年3月17日(安永2年2月25日) - 1846年12月2日(弘化3年10月14日))は、江戸時代の国学者である。 幼名は惟徳。 通称は州五郎。 号は事負。 博覧強記で、古典の考証に優れていた。 平田篤胤、橘守部、小山田与清とともに、「天保の国学の四大人」と呼ばれる。 若狭国小浜藩士・山岸惟智の四男として生まれたが、1786年(天明2年)、同藩の伴信当の養子となる。 1801年(享和元年)村田春門を介して本居宣長没後の門人となり、宣長の養子の本居大平に国学を学ぶ。 1821年(文政4年)、息子の信近に家督を譲り、以後、学問に専念した。 平田篤胤、黒川春村、本居...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ バン ノブトモ
人物別名 伴信友

堂天利乃乃止毛

Ban, Nobutomo
生年 1773年
没年 1846年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
蓴菜草紙 ; 足薪翁記 ; 奴師労之 ; 比古婆衣 ; 西山公随筆 多田義寛著 ; 柳亭種彦著 ; 大田南畝著 ; 伴信友著 ; 徳川光圀著 NetLibrary
2009
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
2007.10
日本年表選集 日置英剛 編・解説 クレス
2005.5
稿本伴信友著作集 伴信友[著] ; 大鹿久義編 温故学会
1998.8-
史籍年表 ; 鈴屋翁畧年譜 ; 鈴屋門人姓名録 [伴信友著] ; 大鹿久義編 温故学会
1998.8
異体字研究資料集成 杉本 つとむ【編】 雄山閣出版
1995.12.5
日本随筆大成 日本随筆大成編輯部 編 吉川弘文館
1994.12
日本食肉史基礎資料集成 栗田奏二 編 栗田
1992
増補語林倭訓栞 谷川士清編著 ; 伴信友加筆 ; 井上頼圀, 小杉榲邨増補 名著刊行会
1990.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想