川人 貞史   (1952-)

川人 貞史(かわと さだふみ、1952年(昭和27年)12月7日 - )は、日本の政治学者。 専門は、日本政治、選挙研究。 第一次資料に基づく実証分析を重視しつつ、新制度論政治学による日本政治についての理論構築を志向している。 富山県生まれ。 [経歴] 略歴は以下のとおり。 [経歴] 1976年3月 - 東京大学法学部卒業 1978年3月 - 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了 1980年4月 - 東京大学大学院法学政治学研究科公法専攻博士課程単位取得退学 1993年9月 - 博士(法学)(東京大学)(学位論文「日本の政党政治 1890-1937年 -議会分析と選挙の数量分析-」)...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワト サダフミ
人物別名 川人貞史
生年 1952年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
シリーズ日本の政治 Sadafumi Kawato [編] 東京大学出版会
2016.2
シリーズ日本の政治 Sadafumi Kawato [編] 東京大学出版会
2015.4
シリーズ日本の政治 Sadafumi Kawato [編] 東京大学出版会
2015.4
シリーズ日本の政治 Sadafumi Kawato [編] 東京大学出版会
2015.10
現代の政党と選挙 川人貞史, 吉野孝, 平野浩, 加藤淳子 著 有斐閣
2011.3
ポピュリズムの比較研究に向けて : 特集 加藤淳子[ほか]編集委員 木鐸社
2008.4
政治参画とジェンダー 川人貞史, 山元一 編 東北大学出版会
2007.3
国会運営と立法行動の長期的変化に関する理論的・実証的研究 : 制度変化と行動変化 川人貞史研究代表 川人貞史
2005.3
日本の国会制度と政党政治 川人貞史 著 東京大学出版会
2005.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想