浜口 道成   (1951-)

濵口 道成(はまぐち みちなり 1951年 2月 19日 - )は、日本の医学者。 医学博士(名古屋大学)。 専門は、腫瘍生物学、腫瘍生化学、細胞生物学。 名古屋大学医学部長等を経て、2009年より名古屋大学総長。 三重県伊勢市出身。 癌研究では、2007年、RNA干渉を利用して、治療が困難とされる胆管癌を選択的に縮退することに、マウスの実験で成功したことでも知られる。 [経歴] 1975年 名古屋大学医学部医学科卒業 1980年 名古屋大学医学研究科博士課程修了 1980年 名古屋大学医学部附属癌研究施設助手 1983年 名古屋大学医学部附属病態制御研究施設助手 1984年 名古屋大学医学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハマグチ ミチナリ
人物別名 浜口道成

濱口, 道成
生年 1951年
没年 -
職業・経歴等 医学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
アット・ザ・ヘルム : 自分のラボをもつ日のために キャシー・バーカー 著 ; 濱口道成 監訳 ; 田口マミ子, 小沢元彦, 鶴戸嘉明 訳 メディカル・サイエンス・インターナショナル
2011.5
名古屋大学法学部60年の歩み - c2009
名古屋大学大学院法学研究科
-
ラボ・ダイナミクス : 理系人間のためのコミュニケーションスキル カール・M.コーエン, スザンヌ・L.コーエン 著 ; 浜口道成 監訳 ; 三枝小夜子 訳 メディカル・サイエンス・インターナショナル
2007.5
アット・ザ・ヘルム : 自分のラボをもつ日のために キャシー・バーカー 著 ; 浜口道成 監訳 メディカル・サイエンス・インターナショナル
2004.2
がん・増殖・分化の演出家チロシンキナーゼ 浜口道成 著 羊土社
1992.10
細胞周期・増殖を制御するシグナル伝達系の研究 浜口道成 [ほか著] 者不明
2000.3
細胞間接着を制御するc-Srcキナーゼ依存シグナル伝達系の解析 浜口道成 [ほか著] 者不明
2000.3
細胞の形態・接着を制御するシグナル伝達系の研究 浜口道成 [ほか著] 者不明
1998.3
チロシンリン酸化によるカドヘリン依存性細胞間接着・細胞骨格構成の制御 浜口道成 [ほか著] 者不明
1995.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想