加納 朋子   (1966-)

加納 朋子(かのう ともこ、1966年10月19日 - )は日本の小説家・推理作家。 福岡県北九州市出身。 文教大学女子短期大学部文芸科卒業。 夫は推理作家の貫井徳郎。 作品のジャンルは推理小説だが、血生臭い殺人事件などはあまり起こらず、「日常の謎」を解くストーリーが特徴的である。 ファンタジー風味の作品も含め、柔らかい読後感を残す。 連作短編集が多く、各短編での伏線が重なり短編集全体の謎につながるという仕掛けは本格ミステリ的である。 デビュー作品である『ななつのこ』は、敬愛する北村薫に送るために書かれたものだという。 実際、初期の作品は北村薫に似た世界が展開されるが、次第に独自の世界観を構築...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カノウ トモコ
人物別名 加納朋子
生年 1966年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
いつかの岸辺に跳ねていく 加納朋子著 幻冬舎
2019.6
いちばん初めにあった海 加納朋子 [著] 幻冬舎
2019.4
あなたに謎と幸福を : ハートフル・ミステリー傑作選 近藤史恵 [ほか] 著 ; 細谷正充編 PHP研究所
2019.7
隠す : アンソロジー 大崎梢 [ほか] 著 文芸春秋
2019.11
我ら荒野の七重奏(セプテット) 加納朋子著 集英社
2019.9
Acrobatic (アクロバティック) 物語の曲芸師たち 日本推理作家協会編 講談社
2018.10
自薦THEどんでん返し 乾くるみ, 大崎梢, 加納朋子, 近藤史恵, 坂木司, 若竹七海 著 双葉社
2017.1
隠す 大崎梢, 加納朋子, 近藤史恵, 篠田真由美, 柴田よしき, 永嶋恵美, 新津きよみ, 福田和代, 松尾由美, 松村比呂美, 光原百合 著 文芸春秋
2017.2
トオリヌケキンシ 加納朋子 著 文芸春秋
2017.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想