窪薗 晴夫   (1957-)

窪薗 晴夫(くぼぞの はるお、1957年 - )は、鹿児島県薩摩川内市出身の日本の言語学者。 専門は音声学・音韻論。 英語への興味から研究生活を始めたものの、英国留学時代の「母語である日本語のことをほとんど知らない」という体験によって、日本語への探求へと研究対象を変えてゆくこととなる。 近年は母方言である鹿児島方言の調査や借用語の促音挿入問題を中心に、言語接触による言語変化についての研究を行っている。 [経歴] 1979年大阪外国語大学(現在の大阪大学外国語学部)英語学科を卒業。 1981年名古屋大学大学院文学研究科博士前期課程を修了。 イギリスのエジンバラ大学大学院留学(1983年 - 1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クボゾノ ハルオ
人物別名 窪薗晴夫

Kubozono, Haruo

Haruo Kubozono
生年 1957年
没年 -
職業・経歴等 言語学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本語研究と言語理論から見た言語類型論 窪薗晴夫 [ほか] 編 開拓社
2021.2
一般言語学から見た日本語のプロソディー : 鹿児島方言を中心に 窪薗晴夫著 くろしお
2021.3
音声 田窪行則 [ほか] 著 岩波書店
2019.4
よくわかる言語学 窪薗晴夫編著 ミネルヴァ書房
2019.10
レキシコンの現代理論とその応用 岸本秀樹編 くろしお
2019.11
アクセントの法則 窪薗晴夫著 岩波書店
2018.1
オノマトペの謎 窪薗晴夫 編 岩波書店
2017.5
ことばの科学 西山佑司, 杉岡洋子 編 開拓社
2017.9
通じない日本語 窪薗晴夫 著 平凡社
2017.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想