大森 礼子   (1949-)

大森 礼子(おおもり れいこ、1949年7月11日 - )は、日本の弁護士、元政治家。 公明党所属の元参議院議員(1期)。 [経歴] 岡山県備前市出身。 1972年津田塾大学英文科卒業後、アニメ会社勤務等を経て、司法試験に合格。 検事を経て弁護士に転じる。 1995年の参院選に比例区に新進党から立候補して当選。 新進党解党後は公明に加わり、1998年11月に新公明党結成に参加した。 2001年に引退した。 引退後は岡山市で弁護士として活動。 [政策] 選択的夫婦別姓制度導入に賛成。 「夫婦別姓への流れが確実になったともいえる世論調査の結果がでている」と述べる。 [脚注] [参考文献] ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオモリ レイコ
人物別名 大森礼子
生年 1949年
没年 -
職業・経歴等 弁護士

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
詳解DV防止法 南野知惠子 ほか監修 ぎょうせい
2001.10
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想