伊藤 秀三   (1932-)

伊藤 秀三( いとう しゅうぞう、1932年 - )は広島県竹原市出身の生態学者。 1955年、広島大学理学部生物学科卒業。 同大学院理学研究科修了。 理学博士。 日本自然保護協会研究員などをへて、1970年長崎大学教養部教授となり、のち長崎大学環境科学部教授。 1998年に退官し長崎大学名誉教授となる。 専門は植物生態学。 長崎県の島嶼部をはじめ、ハワイ諸島、ガラパゴス諸島、小笠原諸島の植生調査に従事。 特に、ガラパゴス諸島については、1964年以来、計七回にわたって学術調査を行った。 ガラパゴス研究の第一人者といわれる。 2001年、自然環境功労者環境大臣表彰受賞。 現在、日本ガラパゴスの...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イトウ シュウゾウ
人物別名 伊藤秀三
生年 1932年
没年 -
職業・経歴等 生物学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本・ガラパゴス50年史 伊藤秀三, 西原弘編著 日本ガラパゴスの会
2016.9
世界自然環境大百科 [Ramon Folch] [編] ; 大澤雅彦 総監訳 朝倉書店
2014.7
ガラパゴス諸島 : 世界遺産エコツーリズムエルニーニョ 伊藤秀三 著 角川書店
2002.8
生月町の自然 : 地形・地質,植生・植物相 伊藤秀三 編 生月町
1996.7
日本の自然 : 地域編 内嶋善兵衛 [ほか] 編集 岩波書店
1995.3
大村市玖島崎植物調査報告 伊藤秀三 編 大村市教育委員会
1994.2
島の植物誌 : 進化と生態の謎 伊藤秀三 著 講談社
1994.4
文明と環境 安田 喜憲;松岡 數充【編】 思文閣
1994.8
長崎県の無人島 : その自然と生物 伊藤秀三, 松岡數充編 長崎県自然保護協会
1993.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想