舩橋 恵子   (1949-)

舩橋 惠子(舩橋 恵子、ふなばし けいこ、1949年(昭和24年) - )は、日本の社会学者、静岡大学教授・副学長。 神奈川県生まれ。 1972年東京教育大学独文科卒、74年同社会学科卒。 1979年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。 1989年桜美林大学国際学部講師、93年助教授、97年教授、2001年静岡大学人文学部教授、2009年副学長。 2006年「育児のジェンダー・ポリティクス」で東大博士(社会学)。 [著書] 『赤ちゃんを産むということ 社会学からのこころみ』日本放送出版協会 NHKブックス、1994 『育児のジェンダー・ポリティクス』勁草書房 双書ジェンダー...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フナバシ ケイコ
人物別名 舩橋恵子

舩橋, 惠子
生年 1949年
没年 -
職業・経歴等 社会学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
揺らぐ男性のジェンダー意識 目黒依子, 矢澤澄子, 岡本英雄 編 新曜社
2012.7
国際比較にみる世界の家族と子育て 牧野カツコ, 渡辺秀樹, 舩橋惠子, 中野洋恵 編著 ミネルヴァ書房
2010.4
雇用流動化のなかの家族 : 企業社会・家族・生活保障システム 舩橋惠子, 宮本みち子 編著 ミネルヴァ書房
2008.3
産む・産まない・産めない : 女性のからだと生きかた読本 松岡悦子 編 講談社
2007.1
育児のジェンダー・ポリティクス 舩橋惠子 著 勁草書房
2006.5
諸外国における育児・介護休業制度 : ドイツ・フランス・スウェーデン [日本労働研究機構] 研究所編 日本労働研究機構
2000.7
岩波講座現代社会学 井上俊 ほか編 岩波書店
1996.10
赤ちゃんを産むということ : 社会学からのこころみ 舩橋恵子 著 日本放送出版協会
1994.4
母性の社会学 舩橋恵子, 堤マサエ 著 サイエンス社
1992.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想