宇野 隆夫   (1950-)

宇野 隆夫(うの たかお、1950年 - )は、日本の考古学者。 帝塚山大学人文学部教授、国際日本文化研究センター名誉教授。 [来歴・人物] 熊本県出身。 甲陽学院高等学校卒、1974年京都大学文学部史学科卒業、77年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学、京都大学埋蔵文化財研究センター助手。 85年富山大学人文学部助教授、92年「律令社会の考古学的研究 -北陸を舞台として」で大阪大学文学博士。 93年教授、1999年10月国際日本文化研究センター教授となり、2012年、副所長。 2013年3月末もって退任、同年4月より現職。 [著作] 『考古資料にみる古代と中世の歴史と社会』(真陽社、1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウノ タカオ
人物別名 宇野隆夫
生年 1950年
没年 -
職業・経歴等 考古学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
木器編 宇野隆夫編 吉川弘文館
2018.5
アジア新時代の南アジアにおける日本像 : インド・SAARC諸国における日本研究の現状と必要性 宇野隆夫 編 国際日本文化研究センター
2011.3
ユーラシア古代都市・集落の歴史空間を読む 宇野隆夫 編著 勉誠
2010.3
王権と都市 今谷明 編 思文閣
2008.3
古代東アジア交流の総合的研究 : 国際日本文化研究センター共同研究報告 王維坤, 宇野隆夫 編 人間文化研究機構国際日本文化研究センター
2008.12
GISを基盤とする考古・歴史民俗・環境情報の高度連携研究 : ユーラシア集落・都市の営みと環境の関わりを中心として : 大学共同利用機関法人・人間文化研究機構連携研究(文化資源の高度活用) 宇野隆夫研究代表 人間文化研究機構
2007.3
世界の歴史空間を読む : GISを用いた文化・文明研究 宇野隆夫 編 国際日本文化研究センター
2006.6
実践考古学GIS : 先端技術で歴史空間を読む 宇野隆夫 編著 NTT
2006.12
衣食住の考古学 佐原真 著 ; 金関恕, 春成秀爾 編 岩波書店
2005.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想