伊東 光晴   (1927-)

伊東 光晴(いとう みつはる、1927年9月11日 - )は、日本の経済学者。 京都大学名誉教授、復旦大学(中国)名誉教授、福井県立大学名誉教授。 専門は理論経済学、経済政策。 東京都出身。 [学問態度] 杉本栄一の影響の下、マルクス主義を媒介としての近代経済学研究に従事する。 近代経済学者にしばしばありがちな、マルクスへの無視ではなく、もちろん、旧来のマルクス主義からの超越的批判でもない柔軟な研究は、市民社会派の一員であることを示している。 1960年代から80年代にかけてはテレビでの解説でも知られ、学問と市民の日常をつなぐことにも大きな功績があった。 敗戦により、社会のロマンを解こうと経...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イトウ ミツハル
人物別名 伊東光晴
生年 1927年
没年 -
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
最新政治・経済 伊東光晴 [ほか] 著 実教
2018.1
高校現代社会 伊東光晴 [ほか] 著 実教
2017.1
ガルブレイス 伊東光晴 著 岩波書店
2016.3
日本の死に至る病アベノミクスの罪と罰 倉重篤郎 著 ; [伊東光晴] [ほか] [述] 河出書房新社
2016.10
ビジネス経済応用 伊東光晴 [ほか] 著 実教
2015.1
最新政治・経済 伊東光晴 [ほか] 著 実教
2014.1
アベノミクス批判 伊東光晴 著 岩波書店
2014.7
高校現代社会 伊東光晴 [ほか] 著 実教
2013.1
原子力発電の政治経済学 伊東光晴 著 岩波書店
2013.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想