三宅 晶子   (1955-)

三宅 晶子(みやけ あきこ、1955年 - )は、ドイツ文学者、千葉大学教授。 本姓・荻原。 1982年東京大学大学院人文科学研究科独文科博士課程中退、千葉大学教養部講師(ドイツ語)、1987年助教授、1994年文学部助教授、2004年教授。 [著書] 『「心のノート」を考える』岩波ブックレット 2003 [翻訳] ヴィム・ヴェンダース『映像(イメージ)の論理』瀬川裕司共訳 河出書房新社 1992 『ベンヤミン・コレクション 2 エッセイの思想』共訳 ちくま学芸文庫 1996 [脚注] [外部リンク] ドイツ文学者 日本の文学研究者 千葉大学の教員 1955年生 存命人物

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤケ アキコ
人物別名 三宅晶子
生年 1955年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
イメージとポリティクス 三宅晶子 編 千葉大学大学院人文社会科学研究科
2016.2
文化における想起・忘却・記憶 三宅晶子 編 千葉大学大学院人文社会科学研究科
2014.2
イメージ・政治・メディア 三宅晶子 編 千葉大学大学院人文社会科学研究科
2011.2
戦後ドイツの「想起の文化」 三宅晶子 編 日本独文学会
2011.10
身体・文化・政治 三宅晶子 編 千葉大学大学院人文社会科学研究科
2008.3
身体・文化・政治 三宅晶子編 千葉大学大学院人文社会科学研究科
2008.3
文化における権力と抵抗の諸相 : 2003~2004年度 三宅晶子 編 千葉大学大学院社会文化科学研究科
2005.3
「心のノート」を考える 三宅晶子 [著] 岩波書店
2003.5
文学・メディア・ジェンダー 三宅晶子編 千葉大学大学院社会文化科学研究所
2002.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想