竹中 亨   (1955-)

竹中 亨(たけなか とおる、1955年 - )は、日本の歴史学者、ドイツを中心とした西洋近代史、日独関係史などが専門。 大阪大学教授。 [人物・経歴] 1978年京都大学文学部卒業。 1983年京都大学大学院文学研究科博士後期課程退学。 1983年東海大学専任講師、1989年助教授、93年大阪大学教養部助教授、大阪大学文学部助教授、1994年「ジーメンスと明治日本」で京大博士(文学)、2000年大阪大学文学研究科教授。 [著書] 『ジーメンスと明治日本』(東海大学出版会、1991年)ISBN 4486011750 『近代ドイツにおける復古と改革 第二帝政期の農民運動と反近代主義』(晃洋書房...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タケナカ トオル
人物別名 竹中亨
生年 1955年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ヴィルヘルム2世 : ドイツ帝国と命運を共にした「国民皇帝」 竹中亨著 中央公論新社
2018.5
明治のワーグナー・ブーム 竹中亨 著 中央公論新社
2016.4
ドイツ社会保障の危機 : 再統一の代償 ゲルハルト・A・リッター 著 ; 竹中亨 監訳 ミネルヴァ書房
2013.1
欧州教育制度のチューニング : ボローニャ・プロセスへの大学の貢献 フリア・ゴンサレス, ローベルト・ワーヘナール 編著 ; 深堀聰子, 竹中亨 訳 明石書店
2012.2
日独関係史 : 一八九〇-一九四五 工藤章, 田嶋信雄 編 東京大学出版会
2008.1
帰依する世紀末 : ドイツ近代の原理主義者群像 竹中亨 著 ミネルヴァ書房
2004.3
よみがえる帝国 : ドイツ史とポスト国民国家 野田宣雄 編著 ; 植村和秀 ほか著 ミネルヴァ書房
1998.3
近代ドイツにおける復古と改革 : 第二帝政期の農民運動と反近代主義 竹中亨 著 晃洋書房
1996.12
ジーメンスと明治日本 竹中亨 著 東海大学出版会
1991.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想