伊藤 博文   (1841-1909)

山口生まれ。政治家、元老。父林十蔵は萩藩の下級藩士の養子となり、以後伊藤姓を名乗る。吉田松陰に師事し、松下村塾に学ぶ。木戸孝允、高杉晋作らと共に尊皇攘夷運動に挺身。明治4年(1871)岩倉遣外使節団に特命副使として参加。大久保利通の信頼を得る。大久保の死後内務卿を継ぎ、政府の中心的位置を確保。15年(1882)憲法調査のため渡欧。18年(1885)内閣制度を創設し初代内閣総理大臣に就任。大日本帝国憲法の制定を指導。枢密院議長、貴族院議長、首相(4度)、初代韓国統監等を歴任。42年(1909)ハルビン駅頭で韓国の独立運動家安重根により暗殺される。

「近代日本人の肖像」より

伊藤 博文(いとう ひろぶみ、天保12年9月2日(1841年10月16日) - 明治42年(1909年)10月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。 位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。 諱は博文(ひろぶみ、「ハクブン」と有職読みすることもある)。 幼名は利助(りすけ)、のち吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔(しゅんすけ)とし、さらに春輔(しゅんすけ)と改名した。 号は「春畝(しゅんぽ)」、「滄浪閣主人(そうろうかくしゅじん)」など。 「春畝公」と表記されることも多い。 周防国出身。 長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。 維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イトウ ヒロブミ
人物別名 伊藤博文

Ito, Hirobumi

伊藤, 春畝

林, 利助

伊藤, 俊輔
生年 1841年
没年 1909年
職業・経歴等 政治家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
口語訳帝国憲法義解 伊藤博文著 ; 日本国学振興会訳 呉PASS
2018.1
口語訳帝国憲法皇室典範義解 伊藤博文著 ; 日本国学振興会訳 呉PASS
2018.2
帝國憲法皇室典範義解 伊藤博文 [著] 与野書房
2017.1
伊藤博文文書 伊藤博文文書研究会 監修 ; 檜山幸夫 総編集 ゆまに書房
2016.3
伊藤博文文書 伊藤博文文書研究会 監修 ; 檜山幸夫 総編集 ゆまに書房
2016.3
伊藤博文文書 伊藤博文文書研究会 監修 ; 檜山幸夫 総編集 ゆまに書房
2016.3
伊藤博文文書 伊藤博文文書研究会 監修 ; 檜山幸夫 総編集 ゆまに書房
2016.3
伊藤博文文書 伊藤博文文書研究会 監修 ; 檜山幸夫 総編集 ゆまに書房
2016.3
伊藤博文文書 伊藤博文文書研究会 監修 ; 檜山幸夫 総編集 ゆまに書房
2016.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想