笙野 頼子   (1956-)

笙野 頼子(しょうの よりこ、1956年3月16日 - )は日本の小説家。 本姓・市川。 三重県出身、立命館大学法学部卒。 自称「神道左翼」の立場からラディカルな政治性を打ち出し、私小説と幻想小説を周到なメタフィクションやポリフォニーを用いて過激に混成させた作風で、「闘う作家」「メタの女王」などと呼ばれる。 2011年度より立教大学特任教授(文学研究科・比較文明学専攻博士課程前期課程)。 [概要] 自らアヴァン・ポップ作家と称し、藤枝静男や内向の世代などの影響を受けた独自の私小説を得意とする。 概説的には世界への違和感を社会的な視座に見据えつつ、不穏な幻想とスラップスティックなユーモアによっ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ショウノ ヨリコ
人物別名 笙野頼子
生年 1956年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
猫道 笙野頼子 [著] 講談社
2017.3
図書館情調 日比嘉高 編 皓星社
2017.6
さあ、文学で戦争を止めよう 笙野頼子 著 講談社
2017.7
ひょうすべの国 笙野頼子 著 河出書房新社
2016.11
未闘病記 笙野頼子 著 講談社
2014.7
猫キャンパス荒神 笙野頼子 著 河出書房新社
2014.12
母の発達、永遠に/猫トイレット荒神 笙野頼子 著 河出書房新社
2013.2
幽界森娘異聞 笙野頼子 著 講談社
2013.12
猫ダンジョン荒神 : 小説神変理層夢経 猫未来託宣本 笙野頼子 著 講談社
2012.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想