一氏 義良   (1888-1952)

一氏 義良(いちうじ よしなが、1888年6月11日 - 1952年2月21日)は、日本の美術評論家。 島根県八束郡東出雲町(現・松江市)揖屋に生まれる。 早稲田大学英文科を卒業。 ヨーロッパに遊学。 イギリスの大英博物館図書室で読んだ本に感銘を受ける。 帰国後は、海外の美術や現在の動向、とくに古代エジプト美術の紹介に努めた。 雑誌『中央美術』を創刊して編集に携わり、また、平凡社の百科事典や世界美術全集の編集にも関わった。 中国に赴いて研究を深め、『支那美術史』を著した。 [著書] 『世界文化史物語』、誠文堂、1924年。 『立体派 未来派 表現派』、アルス、1924年5月。 『原始及古代の...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イチウジ ヨシナガ
人物別名 一氏義良
生年 1888年
没年 1952年
職業・経歴等 美術評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
一氏義良 一氏義良 著 ; 五十殿利治 編纂 ゆまに書房
2010.6
世界の不思議 一氏義良著 名著普及会
1982.4
世界文明史 一氏義良 著 高山書院
昭和24
世界文明史 一氏義良 著 高山書院
昭和24
支那美術史 一氏義良 著 大阪屋号書店
1943
支那美術史 一氏義良 著 大阪屋号書店
昭和18
美術の現実を語る 一氏義良 著 綜合美術研究所
昭和12
美術鑑賞教本 一氏義良著 弘文社
1937.3
東洋美術史 一氏義良 著 綜合美術研究所
昭11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想