板沢 武雄   (1895-1962)

板沢 武雄(いたざわ たけお、1895年1月5日 - 1962年7月15日)は、日本の歴史学者。 元東京帝国大学教授、法政大学教授。 日本近世史、日蘭貿易史を専門とする。 [経歴と評価] 1895年1月5日に岩手県南閉伊郡釜石町(現・釜石市)の天台寺門宗の名刹観音寺住持・板沢真小雄と喜智の五男として生まれた。 県立遠野中学校に入学し、中学時代に『台湾文化志』の著者・伊能嘉矩の家に寄寓してその感化を受け、これがのちに歴史学を志す契機となった。 中学卒業後に第二高等学校に進学し、1916年7月に卒業。 同年9月に東京帝国大学文科大学国史学科に進んだ。 1919年7月に卒業後、宮内省図書寮勤務を経...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イタザワ タケオ
人物別名 板沢武雄
生年 1895年
没年 1962年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日蘭文化交渉史の研究 板沢武雄 著 吉川弘文館
2013.10
シーボルト 板沢武雄 著 吉川弘文館
1988.4
阿蘭陀風説書の研究 板澤武雄 [著] 吉川弘文館
1974.12
シーボルト 板沢武雄 著 吉川弘文館
1960
日蘭文化交渉史の研究 板沢武雄 著 吉川弘文館
1959
おらんだ風説書について 板澤武雄著 大東急記念文庫
1958.10
日本とオランダ : 近世の外交・貿易・学問 板沢武雄 著 至文堂
1955
日蘭貿易史 板沢武雄 著 平凡社
1949
衣食住の歴史 板沢武雄 著 羽田書店
1948
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想