磯崎 新   (1931-)

磯崎 新(いそざき あらた、1931年(昭和6年)7月23日 - )は日本の建築家。 一級建築士、アトリエ建築家。 大分県大分市出身。 父は実業家で俳人の磯崎操次。 夫人は彫刻家の宮脇愛子。 [経歴] 旧制大分中学(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。 1954年 - 東京大学工学部建築学科を卒業。 (23歳) 1960年 - 丹下健三研究室で黒川紀章らとともに東京計画1960に関わる。 1961年 - 東京大学数物系大学院建築学博士課程を修了。 伊藤ていじ、川上秀光らと八田利也(はったりや)のペンネームを用い「現代建築愚作論」を執筆し、反響を呼ぶ。 (30歳) 1963年 - 丹下健三研究...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イソザキ アラタ
人物別名 磯崎新

Isozaki, Arata

Arata Isozaki
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 建築家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
瓦礫 (デブリ) の未来 磯崎新著 青土社
2019.9
「磯崎新の謎」展 印牧岳彦, 松井茂テキスト 大分市美術館
2019.12
構造・構築・建築佐々木睦朗の構造ヴィジョン 佐々木睦朗 著 ; 難波和彦, 富永譲, 陣内秀信, 池田昌弘, 小西泰孝, 満田衛資, 黒川雅之, 齋藤裕, 磯崎新, 伊東豊雄, SANAA, 妹島和世, 西沢立衛, 川口衞, 浜田英明 [述] Lixil
2017.3
磯崎新と藤森照信の「にわ」建築談義 磯崎新, 藤森照信 著 六耀社
2017.9
空間へ 磯崎新 著 河出書房新社
2017.10
偶有性操縦法(コンティンジェンシーマニュアル) 磯崎新 著 青土社
2016.4
磯崎新と藤森照信のモダニズム建築談義 磯崎新, 藤森照信 著 六耀社
2016.8
日本建築思想史 磯崎新 著 ; 横手義洋 聞き手 太田
2015.4
磯崎新と藤森照信の茶席建築談義 磯崎新, 藤森照信 著 六耀社
2015.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想