高倉 洋彰   (1943-)

高倉 洋彰(たかくら ひろあき、1943年5月11日 - )は日本の考古学者。 観世音寺副住職。 僧名・石田琳彰。 [略歴] 福岡県甘木市生まれ。 九州大学大学院博士課程修了。 1975年(昭和50年)から埋蔵文化財研究会の世話人を務める。 1987年(昭和62年)、九州歴史資料館技術主査を経て、1990年(平成2年)西南学院大学教授。 また、雑誌『考古学ジャーナル』や九州国立博物館の誘致を目的とする博物館等建設推進九州会議の機関誌『文明のクロスロード Museum Kyusyu』の編集に携わり、1991年(平成3年)から編集委員長を務めた。 現在、西南学院大学教授と同時に西南学院大学博物館...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカクラ ヒロアキ
人物別名 高倉洋彰

髙倉, 洋彰
生年 1943年
没年 -
職業・経歴等
をも見よ 石田, 琳彰(1943-)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
中国D級グルメの旅 高倉洋彰著 花乱社
2019.8
交流する弥生人 : 金印国家群の時代の生活誌 高倉洋彰著 吉川弘文館
2019.9
見聞考古学のすすめ 高倉洋彰著 雄山閣
2018.5
観世音寺の歴史と文化財 石田琳彰 著 花乱社
観世音寺
2015.11
行動する考古学 髙倉洋彰 著 中国書店
2014.1
趣味は考古学仕事も考古学 髙倉洋彰 著 星雲社
櫂歌書房
2014.3
大学的福岡・太宰府ガイド 西高辻信宏, 赤司善彦, 高倉洋彰 編 昭和堂
2014.3
東アジア古文化論攷 髙倉洋彰 編 中国書店
2014.4
東アジア古文化論攷 髙倉洋彰 編 中国書店
2014.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想