大谷 千正   (1956-)

大谷 千正(おおたに せんしょう、1956年8月7日 - )は、日本の作曲家、音楽学者(ガブリエル・フォーレ研究家)。 兵庫県出身。 [略歴] パリのエコール・ノルマルで和声学、対位法、フーガ、作曲を学んだ後、ルエイユ国立音楽院作曲科を一等賞首席で卒業。 作曲をトニー・オーバン、音楽学をセルジュ・ギュットに師事した。 1980年にA. ジョリヴェ賞、フランス音楽著作権協会賞、2011年にJILA作曲賞を受賞。 1988年には、パリ=ソルボンヌ大学で博士号(音楽学)を取得。 歌曲、合唱曲、ピアノ曲、室内楽作品のほか、管弦楽曲としては『Vl. Vc. Orc. のためのコンチェルト』、『カンター...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオタニ センショウ
人物別名 大谷千正
生年 1956年
没年 -
職業・経歴等 作曲家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
男声のための3つのアリア 大谷千正 作曲 日本作曲家協議会
2016.1
オペラ=コミック「二人のマルグリート」 : (全2幕4場) : 「G.フォーレ、その愛と音楽-- 」 大谷千正 JILA
c2016
ソプラノのための2つのアリア 大谷千正 作曲 日本作曲家協議会
2014.1
日本の作曲家2013 - The Japan Federation of Composers
p2013
親鸞、幻の如くなる一期 大谷千正 作曲 国際芸術連盟
2012.3
ガブリエル・フォーレ ジャン=ミシェル・ネクトゥー [著] ; 大谷千正 編訳 新評論
2008.10
白い手紙 大谷千正 作曲 日本作曲家協議会
2008.1
フォーレ言葉では言い表し得ないもの… ウラディミール・ジャンケレヴィッチ [著] ; 大谷千正, 小林緑, 遠山菜穂美, 宮川文子, 稲垣孝子 訳 新評論
2006.8
カンタータ歎異抄 大谷千正 作曲 聞思舎
2005.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想