石元 泰博   (1921-2012)

石元 泰博(いしもと やすひろ、1921年6月14日 - 2012年2月6日)は、日本の写真家。 [人物] アメリカ合衆国サンフランシスコ生まれ。 3歳のときに、父の故郷である高知県に帰郷する。 1939年再渡米。 第二次世界大戦中の42年から45年までコロラド州南東部のアマチ収容所に収容され、この期間に写真に興味を持つようになる。 ノースウェスト大学建築科から転じて、1952年、シカゴ・インスティテュート・オブ・デザインで写真を学び卒業。 在学中にモホリ・ナギ賞を2回受賞している。 1953年に再来日。 1966年、東京造形大学教授。 1969年、日本国籍を取得。 1996年、文化功労者。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イシモト ヤスヒロ
人物別名 石元泰博

Ishimoto, Yasuhiro
生年 1921年
没年 2012年
職業・経歴等 写真家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
石元泰博オーラル・ヒストリー 石元泰博 [述] ; 中森康文, 鷲田めるろ インタヴュアー 日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ
2015.3
Katsura : 石元泰博写真展 : 桂離宮1953, 1954 石元泰博 撮影 ; 神奈川県立近代美術館 編 神奈川県立近代美術館
2012
サリヴァン自伝 ルイス・H・サリヴァン 著 ; 竹内大, 藤田延幸 訳 鹿島出版会
2012.9
石元泰博写真展 : 桂離宮1953, 1954 神奈川県立近代美術館編集 神奈川県立近代美術館
[2012.4]
両界曼荼羅 : 石元泰博 - フォト・ギャラリー・インターナショナル
[2011]
桂、伊勢 石元泰博 [撮影] ; 高知県立美術館 編 高知県立美術館
c2011
写真家石元泰博の眼--桂、伊勢 高知県立美術館編 高知県立美術館
c2011
石元泰博写真展 石元泰博 撮影 ; 水戸芸術館現代美術センター 編 水戸芸術館現代美術センター
2010.10
日本の自画像 : 写真が描く戦後 : 1945-1964 石元泰博, 川田喜久治, 木村伊兵衛, 田沼武能, 東松照明, 土門拳, 長野重一, 奈良原一高, 濱谷浩, 林忠彦, 細江英公 撮影 クレヴィス
2009.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想