嘉村 礒多   (1897-1933)

山口県吉敷郡の富裕な農家の長男として生まれる。読書を通じて安倍能成の影響を受ける。初めの結婚に失望し、別の女性と駆け落ちして上京、新聞社に勤めながら小説を書き続けた。処女作「業苦」以下、特異な私小説家として認められた。(小林繁雄)Wikipedia「嘉村礒多

「青空文庫」より

嘉村 礒多(かむら いそた 1897年(明治30年)12月15日 - 1933年(昭和8年)11月30日)は、日本の私小説家。 山口県吉敷郡仁保村(現在は山口市仁保)出身。 [生涯] 1897年(明治30年)12月15日、父・若松、母・スキとの間に生まれる。 実家は農業を営む、裕福な地主であった。 旧制山口中学に入学後、徐々に人との交流を望まない性格になり、1914年(大正3年)、無断欠席が重なり4年生で退学。 その後は実家に戻り、家業の農業を手伝うようになる。 強い心の支えを求めていた嘉村は、帰農後にキリスト教に接近するが、信者となるには至らなかった。 しかし彼の心は常に頼れるものを追い求...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カムラ イソタ
人物別名 嘉村礒多
生年 1897年
没年 1933年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日常のなかの危機 嘉村礒多 ほか著 学芸書林
2003.5
秋立つまで : 他三篇 嘉村礒多 作 岩波書店
1953.9(第5刷:2001.2)
崖の下 嘉村礒多 著 ゆまに書房
2000.3
業苦 崖の下 嘉村礒多 著嘉村礒多 著 講談社
1998.9
昭和文学全集 井上靖 ほか編 小学館
1989.5
業苦・崖の下 嘉村礒多 著 福武書店
1983.3
牧野信一・嘉村礒多・北條民雄集 牧野信一, 嘉村礒多, 北條民雄著 講談社
1980.5
嘉村礒多・梶井基次郎・中島敦集 嘉村礒多[ほか]著 学習研究社
1976.1
日本文学全集 葛西善蔵, 嘉村礒多著 集英社
1975
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想