石川 武   (1927-)

石川 武(いしかわ たけし、1927年- )は、日本の法学者、歴史学者。 専門は西洋史及び西洋法制史。 法学博士(北海道大学)。 名誉文学博士(ベルリン自由大学)。 北海道大学名誉教授。 元拓殖大学北海道短期大学学長。 北海道室蘭市出身。 堀米庸三門下。 [経歴] 1952年 - 北海道帝国大学文学部卒業。 同年、文学部助手就任。 1956年 - 北海道大学法学部助教授就任。 1962年 - 同法学部教授就任。 1971年 - 同法学部長・北海道大学評議員就任。 1983年 - 北海道大学 法学博士 論文は「序説中世初期の自由と国家 : 国王自由人学説とその問題点」。 1988年 - 同学生...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イシカワ タケシ
人物別名 石川武
生年 1927年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
封建社会 マルク・ブロック [著] ; 堀米庸三 監訳 岩波書店
1995.11
ヨーロッパの法発展におけるethnosとnatio 研究代表者 石川武 北海道大学法学部
[1993]
ヨーロッパにおける国家と法の概念史的研究 研究代表者 石川武 北海道大学法学部
[1991]
ゲルマン法の虚像と実像 : ドイツ法史の新しい道 K.クレッシェル 著 ; 石川武 監訳 創文社
1989.6
ヨーロッパにおける国家と法の概念史的研究 研究代表者 石川武 北海道大学法学部
[1988]
序説・中世初期の自由と国家 : 国王自由人学説とその問題点 石川武 著 創文社
1983.7
中世ヨーロッパにおける法秩序の構造と展開 : 新たな中世法論のための基礎的研究 研究代表者 石川武 北海道大学法学部
[1983]
伝統社会と近代国家 研究代表者 石川武 北海道大学法学部
[1979]
ザクセンシュピーゲル・ラント法 アイケ・フォン・レプゴウ [著] ; 久保正幡, 石川武, 直居淳 訳 創文社
1977.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想