吉田 民人   (1931-2009)

吉田 民人(よしだ たみと、1931年8月20日 - 2009年10月27日)は社会学者。 京都大学文学部社会学専攻卒業。 同大学大学院博士課程中退。 専門は理論社会学。 日本学士院会員。 第18期日本学術会議副会長。 元日本社会学会会長。 東京大学名誉教授。 愛知県出身。 機能主義社会学を理論的に追求した。 「情報」を社会科学的な研究対象とした先駆者の一人としても知られる。 上野千鶴子や宮台真司などに恩師と仰がれている。 [学歴] 1955年 京都大学文学部哲学科社会学専攻卒業 1957年 京都大学大学院文学研究科修士課程社会学専攻修了 [職歴] 1964年 大阪大学教養学部助教授 19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨシダ タミト
人物別名 吉田民人

Yoshida, Tamito
生年 1931年
没年 2009年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
社会情報学とその展開 吉田民人 著 ; 吉田民人論集編集委員会 編 勁草書房
2013.10
近代科学の情報論的転回 : プログラム科学論 吉田民人 著 ; 吉田民人論集編集委員会 編 勁草書房
2013.11
情報と自己組織性の理論 吉田民人著 ジュンク堂
東京大学出版会
2012.5
情報社会学概論 公文俊平 編著 NTT
2011.2
企業・市場・市民社会の基礎法学的考察 戒能通厚, 楜澤能生 編著 日本評論社
2008.10
大文字の第2次科学革命 : 大文字パラダイムの6つの転回 吉田民人 [著] 吉田民人
[2002]
情報論的転回 = Informatic turn Tamito Yoshida 編 国際高等研究所
1999.3
自己組織性とはなにか : 21世紀の学問論にむけて 吉田民人, 鈴木正仁 編著 ミネルヴァ書房
1995.12
応用心理学講座 三隅二不二 ほか編 福村
1994.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想