石井 照久   (1906-1973)

石井 照久(いしい てるひさ、1906年(明治39年)11月23日 - 1973年(昭和48年)7月16日 )は、佐賀県出身の日本の法学者。 東京大学名誉教授、成蹊大学長、中央労働委員会委員長(第6代)。 法学博士。 専門は商法・労働法。 戦後の民事法学の基礎を築いた法学者で、現代民事法学の学祖と呼ばれる。 [来歴] 佐賀県小城市出身。 生家の石井家は佐賀藩の重臣の家柄で、初代藩主鍋島勝茂の従兄石井忠明の次男忠正(小城藩士)の子孫とされる。 父は台湾総督府法務部長をつとめた石井為吉。 兄に石井悟一陸軍中佐がいる。 東京府立第一中学校、第一高等学校を経て、1931年東京帝国大学法学部を卒業。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イシイ テルヒサ
人物別名 石井照久
生年 1906年
没年 1973年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
労働法 石井照久 著 勁草書房
1985.3
命令体系不当労働行為 大和哲夫, 萩澤清彦, 天野潤 編著 第一法規
1985.10-2012.10
労働法演習 有泉亨 ほか編 有斐閣
1982.11
労働法演習 有泉亨 ほか編 有斐閣
1981.12
労働法総論 石井照久 著 有斐閣
1979.7
商行為法 石井照久, 鴻常夫 著 勁草書房
1978.5
会社法 石井照久, 鴻常夫 著 勁草書房
1977.4
海商法・保険法 石井照久 著 勁草書房
1976
商行為法 石井照久, 鴻常夫 著 勁草書房
1976
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想