山内 志朗   (1957-)

山内 志朗(やまうち しろう、1957年9月 - )は、日本の哲学研究者、慶應義塾大学文学部教授。 山形県西村山郡西川町出身。 [人物] 専門は中世哲学と紹介されることが多いが、山内自身の述懐によれば学生時代にはライプニッツを専攻しており、自らを指して「近世哲学の研究人」、「中世哲学の専門家でもない者」と言っている。 スコラ学をはじめ、研究対象はグノーシス主義、現代思想、現代社会論、コミュニケーション論、身体論、ミイラ、修験道(出身地は修験道の盛んな地域である)など多岐にわたる。 サブカルチャーにも造詣が深い。 [経歴] 山形県立山形東高等学校卒業 1982年 東京大学文学部卒業 1984...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマウチ シロウ
人物別名 山内志朗
生年 1957年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
知恵から愛知へ - 筑摩書房
2020.1
世界哲学の成立と展開 - 筑摩書房
2020.1
超越と普遍に向けて - 筑摩書房
2020.3
自然を前にした人間の哲学 : 古代から近代にかけての12の問いかけ 神崎忠昭, 野元晋編 ; 納富信留 [ほか] 著 慶応義塾大学言語文化研究所
慶應義塾大学出版会
2020.2
個人の覚醒 - 筑摩書房
2020.4
バロックの哲学 - 筑摩書房
2020.5
啓蒙と人間感情論 - 筑摩書房
2020.6
自由と歴史的発展 - 筑摩書房
2020.7
グローバル時代の知 - 筑摩書房
2020.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想