田口 掬汀   (1875-1943)

田口 掬汀(たぐち きくてい、1875年1月18日 - 1943年8月9日)は、日本の小説家、劇作家、美術評論家である。 本名は田口 鏡次郎(たぐち きょうじろう)。 子息に画家の田口省吾、孫に小説家の高井有一。 [人物・来歴] 1875年(明治8年)1月18日、秋田県仙北郡角館町(現在の同県仙北市角館町)に生まれる。 。 角館の小学校を卒業し、商家に奉公するなどして、1900年(明治33年)ころ、雑誌『新声』への投稿が認められて上京、佐藤義亮の新声社(新潮社の前身)に入社。 編集・記者業務に従事する傍ら創作活動を開始した。 1903年(明治36年)朝報社に入社。 1904年『萬朝報』に小説...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タグチ キクテイ
人物別名 田口掬汀

田口, 掬亭
生年 1875年
没年 1943年
職業・経歴等 小説家
をも見よ 田口, 鏡次郎(1875-1943)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
明治家庭小説集 瀬沼茂樹編 筑摩書房
2013.1.25
現代漫画大観 田口鏡次郎編 大空社
2010.10
現代漫画大観 田口鏡次郎編 大空社
2010.10
現代漫画大観 田口鏡次郎編 大空社
2010.10
現代漫画大観 田口鏡次郎編 大空社
2010.10
明治小説集 長田幹彦著者代表 筑摩書房
1957.7
[中央美術會はがき] - 中央美術會
1936.1
平福穗庵畫集 田口掬汀編纂 日本美術学院
1935.12
平福百穂画集 田口掬汀 編 岩波書店
昭和9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想