三品 彰英   (1902-1971)

三品 彰英(みしな しょうえい、1902年7月5日 - 1971年12月19日)は、日本の歴史学者、神話学者。 滋賀県出身。 専門は古代朝鮮史、日本古代史、神話学。 [略歴] 1928年、京都帝国大学文学部史学科を卒業。 戦前は、智山大学講師、京都帝国大学講師、海軍教授などを歴任。 1945年、海軍教授を退職して大谷大学講師となり、1946年に同教授、1955年から同志社大学教授を1960年までつとめる。 退職後は大阪市立博物館館長・佛教大学教授など歴任。 朝鮮古代史で著名な東北大学名誉教授の井上秀雄などを指導したほかに、1960年から日本書紀研究会を主宰するなどして関西の日本古代史研究者を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミシナ ショウエイ
人物別名 三品彰英
生年 1902年
没年 1971年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本書紀朝鮮関係記事考證 三品彰英 著 天山舎
2002.12
日本書紀朝鮮関係記事考證 三品彰英 著 天山舎
2002.12
三国遺事考証 村上四男 撰 塙書房
1995.1
三国遺事考証 村上四男 撰 塙書房
1995.5
三国遺事考証 村上四男 撰 塙書房
1994.3
弥勒信仰 宮田登 編 雄山閣
1984.4
日本名僧論集 桜井好朗, 福間光超編 吉川弘文館
1983.4
三国遺事考証 三品彰英 遺撰 ; 村上四男 [ほか]編 塙書房
1979.5
日本書紀研究 横田健一 編 塙書房
1976
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想