小林 勇   (1903-1981)

小林 勇(こばやし いさむ、1903年3月27日 - 1981年11月20日)は、編集者、随筆家、画家。 号は冬青。 岩波書店の創業者の女婿であり、同社会長を務めた。 [人物] 長野県上伊那郡赤穂村(現駒ヶ根市)の農家の五男として生まれる。 実業学校で基礎教育を受けたのち家業を手伝っていたが、1920年、17歳で上京し、岩波書店の住み込み社員となり、岩波文庫の創刊に携わる。 幸田露伴の愛顧を受ける。 岩波茂雄の女婿(次女小百合と結婚)となるが、1928年に独立し、三木清らの援助を受けて自身の出版社・鉄塔書院、新興科学社を興す。 だが、後に経営不振となり、1934年に岩波書店に復帰。 1945...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コバヤシ イサム
人物別名 小林勇

冬青庵
生年 1903年
没年 1981年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日中の120年文芸・評論作品選 張競, 村田雄二郎 編 岩波書店
2016.6
懐遠 小林勇 著 ; 小松美沙子 編集 東京堂
2015.11
一本の道 小林勇 著 岩波書店
2012.12
反骨の言論人 長谷川如是閑, 石橋湛山, 小汀利得, 小林勇 著 日本経済新聞出版社
2007.10
絵筆をもって : 冬青小林勇畫文集 小林勇 著 求竜堂
2003.11
小林勇娘への絵手紙 小林勇, 小松美沙子 著 アートデイズ
1997.11
惜檪荘主人 : 一つの岩波茂雄伝 小林勇 著 講談社
1993.9
彼岸花 : 追憶三十三人 小林勇 著 講談社
1992.1
蝸牛庵訪問記 小林勇 著 講談社
1991.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想